韓国ドラマ@フルハウス【あらすじネット】

ピRain@特集コーナー 韓国ドラマ@フルハウス【あらすじネット】 
韓国ドラマ「フルハウス」あらすじ全16話&台本!韓国ドラマ「フルハウス」無料動画、NG集キスシーン、撮影現場フォトetc...韓国ドラマ「フルハウス」ファンの方にお届けします!
あらすじ1話   あらすじ2話   あらすじ3話   あらすじ4話   あらすじ5話   あらすじ6話   あらすじ7話   あらすじ8話
あらすじ9話 あらすじ10話 あらすじ11話 あらすじ12話 あらすじ13話 あらすじ14話 あらすじ15話 あらすじ最終話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【送料無料】モチモチのタピオカドリンクがお家でカンタンに!  
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

ブラッカイマー氏 Rain(ピ)にハリウッド進出を勧める / 韓国ドラマ@フルハウス【あらすじネット】

ブラッカイマー氏 Rain(ピ)にハリウッド進出を勧める



『ザ・ロック』『パール・ハーバー』『パイレーツ・オブ・カリビアン』で有名なハリウッドの映画制作者ジェリー・ブラッカイマー(Jerry Bruckheimer)氏が、歌手Rain(ピ)の米国進出に大きな関心を見せた。

米国時事週刊誌『TIME』の「世界に影響力ある100人」に選ばれたRain(ピ)は8日午後(現地時間)、米ニューヨークで開かれた<2006 タイム100人パーティー>に続き、マンハッタン・ブロードウェイのTIMEワーナーグループ本社に設けられたレセプションに出席した。 韓流スターRanking

この日のレセプションで、Rain(ピ)はブラッカイマー氏のそばに座り、2人は2時間ほど続いたレセプションの間、終始、対話をしていた。

ブラッカイマー氏はRain(ピ)のアジアでの人気の秘けつ、歌手だけでなく俳優としても米国に進出する意向があるかどうかなどを尋ね、名刺を渡した。

Rain(ピ)が所属するJYPエンターテイメント側は、「2人はその場で、ブラッカイマー氏が制作した映画やテレビシリーズ『C.S.I』などの作品、Rain(ピ)が出演したドラマ『フルハウス』についても意見を交わした」と伝えた。

Rain(ピ)は10日に帰国した後、映画デビュー作『サイボーグだけど大丈夫』の撮影に合流する。 韓流スターRanking

ピ(Rain)関連・次の記事へ


【送料無料】モチモチのタピオカドリンクがお家でカンタンに!  
スポンサーサイト

調和に苦しむ 『このろくでなしの愛』/ 韓国ドラマ@フルハウス【あらすじネット】

調和に苦しむ 『このろくでなしの愛』



新しい月火ドラマ『このろくでなしの愛』でカン・ボック役を演じているピ(RAIN/チョン・ジフン)10月28日午後、KBS88体育館で新しい月火ドラマ『このろくでなしの愛』でカン・ボック役を演じるピ(RAIN/チョン・ジフン)がK-1の試合シーンを収録した。

その名だけでもドラママニアたちを浮かれさせたKBS2TV『このろくでなしの愛』(脚本:イ・ギョンヒ/演出:キム・ギュテ)は、視聴者たちの期待から一歩下がっているように見える。

10月31日に放送が始まり、全国視聴率16.4%(TNSメディアコリア)を記録し、一気に月火ドラマの強者として登場したが、以後14.8%(11月1日)、16.0%(7日)、15.8%(8日)と、視聴率が伸び悩んでいる。AGBニルソンメディアリサーチの集計でも、14.8%、9.7%、14.0%、13.2%など、当初の期待に満ちていない。韓流スターRanking

視聴率がドラマを判断する最上の基準ではないが、視聴者の興味を持続的に刺激する“吸引力”に対する判断基準という点で『このろくでなしの愛』の予想外の苦戦は示唆するところが大きい。ホームページ掲示板にも、「楽しんで見ている」という意見と共に、「これはミュージックビデオなのか」「何の意味か分からない」などといった試聴評価も多い。ピ(RAIN/チョン・ジフン)の演技について論じながら「ピ(RAIN/チョン・ジフン)の俳優歴に汚点として残りそうで心配」という意見さえある。

果たして問題点は何なのか。
このろくでなしの愛』では、最高の出会いがベストではないという点を再度考えさせられた。

東洋画のように余白を重視するイ・ギョンヒ作家のセリフは、ミュージックビデオを思わせるキム・ギュテPDの絢爛たる演出力によって、しばしば力を失う。話の構造に追いついていかねばならない視聴者たちは、カラーとモノクロが交差する強烈な映像と劇場的な旋律の音楽のため、叙事構造を見逃しがちだ。脚本と演出のスペシャリストが集まったが、相乗効果ではなく相互衝突してしまっている。韓流スターRanking

また、ピ(RAIN/チョン・ジフン)にとって、荒々しい異種格闘技選手“カン・ボック”役は、フィットしない服のように感じられる。男性美と少年のようなかわいらしさという、相反する魅力で女性ファンにアピールし、トップスターとなったピ(RAIN/チョン・ジフン)は、カン・ボックに扮してからは無邪気な笑顔を見せなくなった。

カン・ボックは『サンドゥ、学校へ行こう』の“サンドゥ”や、『フルハウス』の“ヨンジェ”のような男性美とかわいらしさが共存する役柄ではない。どんな状況でも始終一貫してカッコつけるカン・ボックのキャラクターを、ピ(RAIN/チョン・ジフン)が体化するまではぎこちない感じを拭いきれないのも事実だ。

劇中、当代最高の女優“チャ・ウンソク”として出演しているシン・ミナも、現実の彼女が最高のスターでないためか、リアリティにかけるという評価もある。しかし、シン・ミナの演技はこのような差を克服するにはまだ不足なところがある。

“ハン・ダジョン”役のキム・サランは、これまでの演技パターンを捨てて新たな役作りのために方言まで駆使して変身を試みた点は高く評価されるべきだろう。しかしそのセリフからは感情が感じられない。財閥2世の“キム・ジュンソン”を演じるイ・ギウは、映画『劇場伝』で見た俳優イ・ギウは本当にこの人なのか、と思ってしまうほどだ。韓流スターRanking

チョン・ソンヒョプロデューサーは、「初盤のドラマ展開がストーリーよりも配役の感情に編住しているので、ストーリーに追いつくのに苦労するかもしれない」「これはイ・ギョンヒ作家のドラマを語るやり方なのだが、まだ視聴者たちがこのようなドラマに慣れていないので難しく感じているようだ」と語った。

全16話のうち、4話分しか放送してないので、このような評価はまだ早すぎるという感もある。しかし少なくない視聴者たちと放送関係者みんなが感じていることであり、制作スタッフと出演陣にとっては看過できない部分であることは確かだ。

ピ(Rain)関連・次の記事へ


【送料無料】モチモチのタピオカドリンクがお家でカンタンに!  

『このろくでなしの愛』Rain(ピ)ことチョン・ジフン「真実の愛のドラマ」/ 韓国ドラマ@フルハウス【あらすじネット】

『このろくでなしの愛』Rain(ピ)ことチョン・ジフン「真実の愛のドラマ」

歌手Rain(ピ)が、あっという間に演技者チョン・ジフンに姿を変えた。

最近、日本・香港・中国で、歌手Rain(ピ)として<Rainy Day>コンサートを開いた彼が、ドラマ『このろくでなしの愛』(脚本:イ・ギョンヒ/演出:キム・ギュテ)では、誰にも真似できない“カン・ボック”を演じる。韓流Ranking


歌手Rain(ピ)が、俳優として出演する時は、本名である“チョン・ジフン”を使うということは、『サンドゥ、学校へ行こう!』『フルハウス』といった2作のドラマを経てしまった今では、ニュースにならない。すでにファンたちも歌手Rain(ピ)と俳優チョン・ジフンを“別々で、一緒”に考える。

いつからか、ドラマでも期待の切り札になってしまったチョン・ジフンは、31日からKBS 2TV『このろくでなしの愛』に登場する。『サンドゥ、学校へ行こう!』で、自分を演技者として成功させてくれたイ・ギョンヒ作家と、演技者としての飛躍段階で、再び息を合わせることになった。

チョン・ジフンは25日、江南(カンナム)にあるホテルで開かれたドラマ制作発表会で「感情がとても強くて、撮影し終えると足がふらふらするくらい大変」と話した。韓流スターRanking

劇中、異種格闘技選手として登場し、アクションシーンを撮るごとに毎回ケガをするとも語った。「小さい頃から相撲や柔道みたいな、力を使うスポーツは1等だったけど、スピードが要求されるスポーツは下手だった」と付け加える。

チョン・ジフンの覚悟には、並々ならぬものが見える。前作『フルハウス』で、ソン・ヘギョの陰に隠れてしまったという評価もあったり、パワフルなコンサートステージとは異なる柔らかい姿を見せ、多少異質的な面も見せたりした。もうこれからは“チョン・ジフン”という名をかけて、冷静な評価を得なくてはならない。

カン・ボックは一言でいうと“下流人生”だ。容姿は完璧に近く、言い寄ってくる女が列をなし、ある女性はカン・ボックの愛情を得られなかったと自殺までする。彼には自分の殺人罪を代わりに背負って刑務所に入った兄(キム・ヨンジェ)と、火事現場で自分を助けようとして背中と顔に火傷を負ったハン・ダジョン(キム・サラン)が、足かせのように心の重荷となって残っている。

そんな彼が、他の男との婚約報道に自殺を図り、植物人間になった兄の恋人チャ・ウンソク(シン・ミナ)と、全てを捨てて恋に落ちることになる。復讐しようとしたことがきっかけで、文字通り『このろくでなしの愛』に落ち、人生がまるっきり変わってしまうというもの。韓流スターRanking

チョン・ジフンは「実際の僕にも、カン・ボックのように生意気な面があるかも知れない」と言うくらい、役柄にどっぷりハマっているという。「感情をこめるシーンが大変で、1人で台本を読んだりもしているが、全く疲れることはない」と話した。

演技者としてどんなキャラクターを演じてみたいかという質問には、迷うことなく「これ(今の役)です」と答えた彼は、「ある意味ドラマでは悪役。女がキスしているのに、唾を吐き捨てるような、悪の真髄を見せられる役。でも、イ・ギョンヒ作家の脚本はとても胸にくる。俳優が演じたら、徹底的にその演技に合わせて脚本を書いてくれる。まさかイ・ギョンヒ作家が変な脚本を書くわけがない」と、厚い信頼を見せた。

歌手としては、歌でもダンスでも研究し練習すれば、ある程度の成果が出るのに対し、「演技は、発声は学べるけど、表現力や感情は学べないので、そのぶん難しい」という。

それでも「もし映画に挑戦するなら、商業的な映画ではない、素晴らしい監督の元で“映画というのはこういうものなんだ”といことを学べたらと思う。基礎工事をしっかり築けば、スター性がなくても実力で生き残れるでしょう」と、俳優としての欲を隠さなかった。

イ・ギョンヒ作家はチョン・ジフンについて「歌手という先入観を捨てて見れば、私たちは本当に宝物のような俳優を得たといえる。俳優としてのスペックが素晴らしく、感動的な俳優」と大絶賛した。また「全てをやるのでひたすら書いている。自分に対して“どこまでできるかやってみようじゃないか”という心情で」と語った。韓流スターRanking

チョン・ジフンは“カン・ボック”になるため、縄跳びを一日2000回ずつ行い、十分すぎる筋肉をつけるために、鶏の胸肉とさんまご飯の食餌療法で7kg減量した。

彼は「大変な思いだった。真実のラブストーリーを見せるこのドラマに、期待してほしい」と、意欲と熱意を表した。

ピ(Rain)関連・次の記事へ


【送料無料】モチモチのタピオカドリンクがお家でカンタンに!  

チョン・ジフン(ピ/RAIN)「作品のためたくさん用意」/ 韓国ドラマ@フルハウス【あらすじネット】

チョン・ジフン(ピ/RAIN)「作品のためたくさん用意」

25日午後、ソウル市清潭洞(チョンダムドン)プリマホテルで、KBSの新しい月火ドラマ『このろくでなしの愛』(演出:キム・ギュテ/脚本:イ・ギョンヒ)の制作発表会が開かれた。韓流スターRanking


このろくでなしの愛』は、2004年冬、多くの“廃人(熱烈ファンのこと)”を量産した『ごめん、愛してる』のイ・ギョンヒ作家が脚本を手がけ、韓流スターチョン・ジフン(ピ/RAIN)が主役を演じ、放送前から話題になっているドラマ。

若いCEOキム・ジュンソン役を演じるイ・ギウはこの場で「個人的には今まで演じてきた役の中で最もマトモな役」「世界にも通じる作品になるでしょう」と話した。

またキム・サランは、味のある慶尙道(キョンサンド)方言を駆使するハン・ダジョン役を演じ、新たな魅力を披露する。韓流スターRanking

イ・ギョンヒ作家は「前作では作家として社会に対するあるメッセージを発しなければならないと思っていました。でも、『このろくでなしの愛』は、徹底して愛に固執するドラマです」と語った。

主役を演じるチョン・ジフンは「これまでの演技とは違った演技をみせます」と、ドラマに対する自信を見せた。

続けて「自分なりにショッキングなものをたくさん用意しました。台本を読んで僕の胸の中から何が出るか、僕がカン・ボックでいる時、何が出るかを考えながら演じています」と伝えた。

シン・ミナは主演のチョン・ジフンに対し、「『フルハウス』を見ながら、歌手と思えないほど演技に対する欲の大きい俳優だということが分かりました」「最初から歌手ではなく俳優の道を選んでいたら、私たちにもっと大きな感動をくれたのではないでしょうか」と話した。

チョン・ジフンは劇中で、異種格闘技選手のカン・ボック役を演じ、シン・ミナはトップスターのチャ・ウンソク役で出演する。韓流スターRanking

チョン・ジフン、シン・ミナをはじめ、キム・サラン、イ・ギウなどが主演を演じるドラマ『このろくでなしの愛』は、来たる31日に初放送。



ピ(Rain)関連・次の記事へ


【送料無料】モチモチのタピオカドリンクがお家でカンタンに!  

“アジアスター”Rain(ピ) 初の香港コンサート / 韓国ドラマ@フルハウス【あらすじネット】

“アジアスター”Rain(ピ) 初の香港コンサート

Rain(ピ)の“師匠”パク・チニョンも招待歌手として参席

歌手Rain(ピ)(23)が日本・東京に大阪に続き、香港にも足を運んだ。
Rain(ピ)は8~9日に行った香港コンサートで、“アジアスター”にまた一歩近づいた。韓流スターRanking


▲香港初コンサート“熱狂”
Rain(ピ)の香港コンサート<Rainy Day>が開かれた8日午後、香港・灣仔に位置したコンベンションセンターは香港をはじめ、台湾、インドネシアなどアジア各国から集まった観客7500名で埋まった。ロザムンド・クワン(關之琳)、カレン・モク(莫文蔚)など、香港スターたちも集まった。

ドラマ『フルハウス』で香港人気絶好調のRain(ピ)らしく、コンサートは『サンドゥ、学校へ行こう!』『フルハウス』などピが出演したドラマ画面から始まった。撮影中の『このろくでなしの愛』も少し見せた。オープニングゲストにも『フルハウス』OSTを歌ったピョルが招待され挿入歌『I Think I』を歌った。

『悪い男』でステージに上がったRain(ピ)はパワフルなダンスで、まず観客たちの目を釘付けに。観客は席から立ち上がり、黄色い棒を振って歓声を上げた。続いたステージでもピは様々な表情で観客たちと共感を試みた。韓流スターRanking

公演途中に英語で挨拶をしたRain(ピ)は、ファンたちに向かって「待ってくれて感謝しているし、お会いできて嬉しいです」と叫ぶと、観客たちが拍手で応えた。続いて『太陽を避ける方法』『Its Raining』『To You』などを熱唱。アンコール曲『I Do』をラストに2時間のコンサートは終わった。

今回のコンサートはピの“師匠”であるパク・チニョンも歌手として参席し、『俺には彼女がいるのに』『Honey』などを披露。パク・チニョンは「Rain(ピ)を応援してくれてありがとう」「ここのファンたちが僕の音楽を好んでくれてか、初めて会ったのに昔からの友達みたいだ」と話した。翻案曲として紹介された『Honey』やパク・チユンの『成人式』などは、香港で人気を博している。

▲ピ「香港の次は北京、その次は日本」
Rain(ピ)はコンサートが終わったあと、国内記者たちとの席で「香港では踊りながら歌う歌手が多くなく、より好んでくれるみたいだ」「それでもまだ言語に慣れなくて、言葉で表現することが大変だ」と話した。

また「来年1月に発売する予定の日本での初シングル曲とダンスが完成した」「道具を使った華麗なダンスと歌をみせれるはず」と明かした。日本での正規アルバムは来年5月頃、4thアルバムは来年9月頃に韓国内で見せる予定だ。

輪郭が浮かんだという4thアルバムについては「新しく驚くものを準備している」「歌謡界版図を変える時が来たみたいだ」と説明した。また「ドラマ撮影が終わったら海外日程でいいお知らせがあるはず」と予告した。韓流Ranking

Rain(ピ)はコンサート前日である7日午後、香港ルネッサンスハーバービューホテルで開かれた記者会見で、“巡航”を祈願する意味の、金で作った帆船と、ピの発展を祈願することを描いた作品をプレゼントとして受け取った。

香港コンサートは9日まで続き、来たる22日には中国・北京工人体育場で、4万席規模のコンサートを行う。

ピ(Rain)関連・次の記事へ


【送料無料】モチモチのタピオカドリンクがお家でカンタンに!  
はじめての方へ
オ・ス・ス・メ
簡単レトルト!韓国料理
屋台の味!韓国料理
관리페이지
RSSフィード
フルハウスOST
オ・ス・ス・メ
プロフィール

ヘジン・혜진

이름:ヘジン・혜진
こんにちは^^*
ピ&ヘギョちゃんの
「フルハウス」のあらすじを
ご紹介しています。 ぜひ、
お気に入りに登録して下って
また、遊びに来て下さいネ!

管理者へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

参考資料

当ブログ運営にあたり、下記の
サイトを参考・引用しる箇所があり
それらの情報の著作権は各サイ
トに帰属します。

KBSフルハウス公式HP

YTN STAR NEWS

WoW Korea!

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。